富田林でヘナカラーを扱ってる美容室エメールヘア

ヘナカラー・植物性カラーのメリット・デメリット


ヘナカラーのメリット

1,髪と頭皮に一切ダメージがない

 

ヘナカラーは、ヘナという植物の色素を使って髪を染めます。

ヘナの粉末をお湯で溶かし、髪に塗ることで、白髪が染まります。

 

脱色作用がないため、黒髪は染まりません。

染まるのはあくまでも白髪の部分だけです。

 

一方、化学染料は髪を脱色して、髪の内部に色素を入れるため、

髪も頭皮も非常に傷みます!

2,化学染料で染めていた髪でも染めることができる

 

今まで化学染料で染めていた方から、

「私はヘナカラーできるかな?」と質問されることがあります。

 

もちろん!

今まで化学染料で染めていた方も、安心して染めることができます。

 

3,根元の白髪が気にならなくなる

 

ヘナは自然な染料のため、色素が薄いです。

そのため、髪の染まり具合も若干薄めです。

 

しかし、染まりが薄いと、

根元の白髪とすでに染めているところの境目がぼやけるため、

次第に白髪が気にならなくなるのです!

 

化学染料はしっかりと染まってしまうため、

新しく生えてきた白髪とすでに染めているところの境目がはっきりしてしまい、

余計に白髪が気になるのです。

 

先ほどご説明した通り、ヘナカラーにすると、

根元の白髪が目立ちにくくなります。

 

すると、染めるまでの期間が延びていきます。

 

さらに、脱色作用がないため、放置時間を気にすることもありません。

4,頭皮の汚れを落とすことができる

 

ヘナには汚れや油分を吸着する働きがあります。

そのため、頭皮や髪の汚れを吸着して綺麗にしてくれます。

 

5,パーマと併用もできる

 

パーマと併用する場合は、先にパーマをかけましょう!

 

パーマは髪の表面のキューティクルをベリベリと剥がしてカールを定着させるため、

ヘナカラーをした後にパーマをかけると、脱色してしまいます。

 

ヘナカラーをしてパーマが取れることはないので、

先にパーマをしてしまいましょう!

 

ヘナカラーのデメリット


1,髪を明るくすることができない

 

ヘナは100%天然の染料のため、 脱色する作用はなく、

髪を明るくすることはできません。

 

どうしても明るくしたい場合は、一つ方法があります。

 

のびてきた根元を明るく染めて

その後、根元から毛先まで全体をヘナカラーで染める方法です。

 

その際「地肌に着かないように染めてください。」

とオーダーすると、 頭皮に薬剤がつくのを防げます。

 

ヘナカラーだけで染めるよりは有害ですが、

化学染料だけで染め続けるよりは断然ダメージが少なく済みます。

 

2,ハーブの香りが苦手に感じる場合がある

 

ヘナの香りを気にされる方がいます。

 

草をすりつぶした時のような、薬草のような、

少し独特な香りがします。

 

しかし、ヘナカラーをしていた時に、

男性から「ヘナカラーの香り好きなんです」と言う人が意外にも多くいました。

 

むしろ、男性でこの香りを指摘してきた人は一人もいません。

 

「モテ」とは遠い香りのようですが、男性ウケは意外に良いです。

 

3,髪がきしむときがある

 

髪が傷んでいる人がヘナカラーをすると髪がきしみやすいです。

 

ヘナには汚れや油分を吸着する働きがあるため、

健康毛の人ならツヤツヤになるのですが、

 

ダメージ毛の人が染めると、軋みます。

 

しかし、これも、髪本来の「素」の状態が出てきたということ。

ヘナをしたから傷んだわけではありません。

 

ヘナを続けていくうちに、 髪質がよくなり、

だんだんきしまなくなっていきます。

 

※きしむ時の対処法

 

ヘナの前に、頭皮にオイルをつけてなじませてあげてください。

ヘナの後にも毛先に少しだけオイルをつけて乾かしましょう。

先ほどのフレグランスオイルも、きしみの防止に使えます。

 

4,化学染料に比べると色落ちしやすい

 

ヘナカラーは、ヘナの色素で髪の表面をコーティングすることで髪を染めます。

 

化学染料は、薬剤で髪の色を脱色してから、髪の内部まで色素を染み込ませます。

 

そのため、化学染料に比べて、ヘナカラーの方が色落ちしやすいです。

 

しかし、ヘナカラーを繰り返していくうちに、

色の定着も良くなり、次第に落ちにくくなります。

 

5,色味が薄づき 植物アレルギーの方は染められない場合あり

(※そばアレルギーや、マメ科のアレルギーの方は染めることができません)

 

ヘナは100%天然の植物なので、

植物アレルギーがある方は、反応してしまうことがあるようです。

 

サロンでもアトピーの方をカラーしていますが、

反応が出た方は一人もいません。

 

どうしても心配な方は、 頭に塗る前に、腕の内側に少しだけぬって、

15分ほど時間をおいて、テストをすることをお勧めします。

 


つまり、ヘナカラーはこんな人にオススメ

・髪や頭皮の痛めることなく白髪染めをしたい人

・そろそろ地毛の美しさを楽しみたい人

 

そんな方にオススメです。

 

ヘナカラーは自分を取り繕うような美しさではなく、

自分の美しさをさらに高めてくれるような魅力あるカラー剤です。

 

自然な方法で白髪染めながらも、

あなたらしさはそのままに、おしゃれを楽しみましょう