富田林・金剛・大阪狭山市・河内長野市・北野田でヘアドネーションカットを行なっている美容室エメールヘアです。


当美容室ではヘアドネーションカットにご協力頂きましたお客様へ少しですがカット4200円を

10%割引の3780円でさせて頂いております。


※尚、お預かりいたしました髪はコチラで梱包発送させても頂いております。


一人の子にウィッグを贈るのに、20人から30人分の31cm以上の

長さの髪の毛が必要です。

私たちの元には、現在このウィッグ待ち望んでいる子供たちが

大勢います。髪を切ろうと思っている皆様にお願いします。

どうか、その髪の毛を子たちのために、役立たさせてください。

ヘアドネーションとは...?

「ヘアドネーション」とは、癌や白血病、先天性の無毛症、不慮の事故などにより髪の毛を失った子供たちに、皆様に寄付していただいた髪の毛を使用して、完全オーダーメイドの人毛の医療用ウィッグを無償提供する活動です。 私たち、美容室エメールヘアでは18歳までの子供たちに、完全オーダーメイドの人毛ウィッグを無償提供することで、髪の毛を失った子供たちの笑顔を取り戻したく、この活動に取り組んでいます。

髪の毛を寄付するときの注意点

●31cm以上の長さがあること。
医療用ウィッグとして使用できるの最短の長さは31cmです。
※引っ張ると切れてしまうほどのダメージでなければご寄付いただけます。カラーやパーマや白髪であっても大丈夫です。
●髪の毛が完全に乾いていること
髪は乾燥した状態で、くせ毛等は伸ばした状態で計測して下さい。湿っていると移動中に繊維が痛みやすくなり、カビなどが繁殖すると周囲の髪もまとめてダメージを受けるので注意してください。
●切り口を輪ゴムでしっかりまとめていること
毛束は根元を輪ゴム等でしっかりと括ってください。紐などで縛ると途中でほどけてしまうので、ゴムを使用してください。
●髪の束は同一人物ごとにまとめること
ウィッグは長さによって選別されます。複数の髪の毛を送る場合には、全員のものをまとめて束ねず個人で束ねてください。
パーマやヘアカラー、縮毛矯正等の化学処理が施されている場合でも、トリートメント等で日常的に手入れされていて、主観的にダメージの少ないものであれば問題ありません。
●カット方法について
切り口から毛先までの長さが31cm必要です。
カットするときは、カットしやすいよう何ヶ所かをゴムで束ねてからハサミを入れてください。
細く束ねた場合は、束ねたゴムから1cm程度上からカットしてください。太く束ねた場合は、2cm程度上からカットしてください。
※バラバラになってしまった髪の毛は使用できなくなってしまいますので、ご注意ください。

  1. 行きつけの美容院でカットしてご自分で郵送する行行きつけの美容室が賛同美容室でない場合、対応していただけるかを事前にご確認ください。ヘアドネーションは、通常のカットよりも作業手順が増えます。美容師さんとよく相談をしてから行ってください。
  2. 賛同美容室でカットするヘアドネーション賛同美容室ですので、手順や注意点なども把握されていらっしゃいます。事前に「ヘアドネーション希望」と伝えておくとスムーズです。
    賛同美容室は髪の毛の送付も行っていますが、ご自身で送りたい場合には、美容師さんと相談の上、下記の「包装の仕方・発送について」を参考にしてください。
  3. 自分でカットして自分で送るご自宅でカットした髪の毛をお送りいただく事も可能です。正しくカットされ束ねてある髪の毛でしたら、どなたでもご協力いただけます。
●包装の仕方・発送について
封筒やレターパックなどに、髪の毛をゴムで留めたままの状態で入れてください。髪の毛を紙やビニール袋等で包んでいただく必要はございません。(気になる方はビニール袋に入れてお送りください。ラップやティッシュはご遠慮ください)
お名前や居住地を書いた紙を必ず同梱してください。髪の毛を送っていただいた方は、弊社到着時に受け取り確認の意味でホームページのトピックス掲載いたします。本名の記載ができない場合には、ニックネームまたは匿名希望とお書きください。
※送料は、恐縮ですがご負担くださいます様お願い申し上げます。
※木箱やダンボールでの発送はご遠慮ください。なるべく簡易包装でお願いいたします。
●感謝状の発行は行っておりません
私たちは、1円でも多くウィッグの制作費や採寸に赴く交通費に資金を充当して、1日でも早く、一人でも多くの子供たちにウィッグを届けたいと考えています。そのため、他団体で発行しているような「感謝状」の作成や発送は、経費を抑えるために行っておりません。 お送り頂いた方は全て、お礼と共にお名前または匿名をホームページのトピックスに掲載させていただき、お礼状に代えさせていただきます。
※受取証が欲しい場合には、返信用封筒を同封の上お申し込みください。弊社印を押印した受取証を発行をいたします。(受取証は簡易な事務的なものです)

寄付先はこちら団体です↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


フルウィッグとは、頭部全体を覆う全頭用ウィッグのことです。このフルウィッグを作るために必要な髪の毛の長さが31cm以上なのです!
ウィッグを作る際は、皆様からご寄付いただいた髪の毛に専用液でトリートメントを施し、その後いくつかの工程を経て、二つ折りにした毛髪をベースの生地に植毛していきます。
31cmの髪の毛でしたら、半分に折って約15cmの長さで植えます。
15cmというのは、植毛した時に髪の毛が寝る最短の長さです。15cm以下ですと髪の毛が立ってしまい、ヘアスタイルの維持ができません。そのため、フルウィッグを作る時には、31cm未満の髪の毛は使うことができないのです。
また31cmの髪だけでは、女の子用のウィッグは作ることができません。
31cmの髪の毛だけでは、長さが15cm程度のフルウィッグとなり、多くが男の子用になってしまいます。
女の子用のウィッグは、40cmや50cm以上といった長さの髪を、6対4または7対3程度で折り返し、31cmの髪の毛と取り混ぜながらウィッグを作ります。1台のフルウィッグを作るためには、約30人分の髪の毛が使われます。